染色体解析・FISH解析/有限会社クロモソームサイエンスラボ
ホーム/有限会社クロモソームサイエンスラボ最新情報/有限会社クロモソームサイエンスラボFISH解析/有限会社クロモソームサイエンスラボFISHプローブ/有限会社クロモソームサイエンスラボFISHプロトコル/有限会社クロモソームサイエンスラボ会社概要/有限会社クロモソームサイエンスラボ問い合せ/有限会社クロモソームサイエンスラボ

マルチカラーFISHによる核型解析

 全染色体を別々の色に染色するマルチカラーFISH法により染色体転座や異数性を解析します(マルチカラーFISH解析はヒトおよびマウスでのみ可能です)。ヒトやマウス個体由来細胞の他、培養細胞での解析も行います。ES細胞の検定にもご利用いただけます。また、マルチカラーFISHとFISHマッピングの同時解析も承ります。

ヒトマルチカラーFISH解析/有限会社クロモソームサイエンスラボ

ヒトリンパ球より作成した染色体標本でのマルチカラーFISH解析

 すべての染色体を別々の色に染色することで、転座や異数性の解析が容易にできます。

 

マウスマルチカラーFISH解析/有限会社クロモソームサイエンスラボ

マウス培養細胞でのマルチカラーFISH解析

 マルチカラー解析の結果、このマウス由来細胞は第6染色体のトリソミー及び第16染色体の転座が観察されました。

 

ギムザ染色による簡易核型解析

 ギムザ染色のみで主に染色体数の異常を解析します。100細胞の染色体数をカウントし、染色体数の分布をご報告いたします。顕著な染色体異常であれば簡易核型解析で検出できる場合もあります。

マウスギムザ染色検査1/有限会社クロモソームサイエンスラボ
マウスギムザ染色検査2/有限会社クロモソームサイエンスラボ
マウスギムザ染色検査3/有限会社クロモソームサイエンスラボ

正常マウス細胞の染色体

4倍体のマウス由来
細胞の染色体

マウス細胞における転座

 簡易核型解析では染色体数の異常およびギムザ染色レベルで確認できる染色体異常についての情報を提供することが出来ます。染色体異常の詳細な情報を得るためにはマルチカラーFISH解析を行う必要があります。

問合せ

▲ページのトップへ   ▲ホームへ  ▲サイトマップ 

Copyright(C)2009 Chromosome Science Labo. Ltd. All rights reserved.