染色体解析・FISH解析/有限会社クロモソームサイエンスラボ
ホーム/有限会社クロモソームサイエンスラボ最新情報/有限会社クロモソームサイエンスラボFISH解析/有限会社クロモソームサイエンスラボFISHプローブ/有限会社クロモソームサイエンスラボFISHプロトコル/有限会社クロモソームサイエンスラボ会社概要/有限会社クロモソームサイエンスラボ問い合せ/有限会社クロモソームサイエンスラボ

対合異常解析/有限会社クロモソームサイエンスラボ

マウス精母細胞での対合異常解析

 マウス精巣から分離した精母細胞をサーフェーススプレッティング法により展開し、抗シナプトネマコンプレックス抗体により蛍光染色(緑)しました。同時にX(黄)およびY(紫)染色体ペインティングプローブによりFISHを行いました。

 減数分裂パキテン期では、相同染色体が対合しSynaputomemal Complex(SC:シナプトネマ構造)と呼ばれる特異的な高次構造が観察されます。正常なマウスであれば20本のSCが観察されますが、不妊などの症状が見られるマウスでは、相同染色体の対合異常がしばしば観察されます。性染色体はXとYが対合し、XYbodyを形成します。写真でもX染色体とY染色体がSCの両側で対合している様子が観察されます。
 また、SC抗体による対合異常解析のみでなく、サーフェススプレディング法により、減数分裂期細胞での遺伝子や蛋白質の局在を調べることも可能です。

問合せ

▲ページのトップへ   ▲ホームへ  ▲サイトマップ 

Copyright(C)2009 Chromosome Science Labo. Ltd. All rights reserved.